借地権と借地借家法

家を建てるために土地を借りたことのある方は、『借地借家法』や『借地権』という用語に関して良く知っておられるかもしれません。借地権、または借地借家法とは何でしょうか。

借地権とは、他人が持っている土地を、家を建てたり店舗を建てたりするために借りる権利のことを言います。借り主は、土地所有者と契約を結ぶことによって、借地権を発動し、建物を建設するために土地を借りることができるのです。
といっても、誰もが好き勝手に土地を貸し借りすることはできません。土地所有者の承諾はもちろんのこと、その土地を一定期間借りるための賃料が必要になります。

賃料はいわゆる『レンタル料』のことで、借りている間は土地所有者に対して支払わなければならないお金なのです。それらが行えないのであれば、家を建てようと思っても、土地を借りることはできず、家を建てることもできません。借地権は、他の契約と同様、土地所有者との間で遵守しなければならないのです。

普段普通に生活していても、あまりこの『借地権』や『借地借家法』と言う言葉は耳にしないかもしれません。日常生活において必要になることはまず無いからです。
しかし、今私達が住んでいるその土地は、その土地を所有している誰かから借りているために住むことができていることを考えれば、私達にも関係する権利であることが分かります。さて、私達が行使したい借地権の種類には、いくつかあります。そのいくつかを取り上げてみましょう。