なぜ必要か

では、まず『借地借家法』について取り上げていきます。
そもそも私達が土地を借りるために契約が必要になったのは、現代ではなくかなり昔からのことです。その当初は、今の法律とは異なり、いわゆる土地を借りるための法律にも違いがありました。では、改正前の借地借家法はどのように定められていたのでしょうか。

実際に、『借地』と『借家』に関しての法律が定められたのは、大正時代にまで遡ります。その時代からもっと昔の時代にまで遡ると、そもそも土地を『借りる人』と『貸す人』の貸借関係はありましたが、それは現在からみるとちぐはぐなものであり、様々な問題がありました。
大正時代に『借地法・借家法』が定められてから、より土地を借りる側にとって有利な法律となる改正が、昭和時代に行われました。現法の前の法律となるこの法律では、原則的に土地を貸した側が貸借関係を解消することはできませんでした。そういった点で、やはり権利としてはフェアではない法律でした。

そこで、それらの欠点を変更した、いわゆる『借地借家法』が、平成3年に制定されることとなります。それにより、より権利関係において貸し主にとって、土地を貸しやすいような法律になりました。