起こりうるトラブル

さて、借地権関連で起こりやすいトラブルがあります。それが、権利の相続に関するものです。家の年数が長いのと同様、借地権も相続させることがあります。ただし、その借地権の相続に関して、誰に相続させるか…等の点に関して、土地所有者と借り主との契約上、またはそれ以外でトラブルになることもあります。借地権でのトラブルは、長期間にわたることもあります。そういった場合、弁護士に頼ることがあります。

ここまで、借地家とそれに関わる権利について取り上げてきました。普段私達は借地権という権利に関して身近に考えることは無いかもしれません。しかし、借地権は自宅などの建物を建てる上では欠かせない法律であり、私達誰もが最低限知っておいても損のないものと言えます。

私達の身の回りにはたくさんの権利があり、私達だれもがその権利を自由にこうしすることのできるものもあれば、その権利の行使について、強い制限が掛けられていることもあります。どちらにしろ、権利関係は契約者と双方の関係において公平であるべきです。その点において、借地権は現法へ変わるに当たって、その点で変化を遂げたと言えます。このような点について知っておくなら、より私達の住まい、に関して関心が湧くでしょう。